時計が好きな人には笑われるかもしれませんが、高級な時計を次々と買えるほど一般的なサラリーマンは時計に割く余裕がありません。

結婚してからは子供や家のこともあるのでおいそれと手が出ないものになってしまいますし、高級な時計は基本的に祝いやご褒美などのカテゴリで貰うものだと思います。

そういうことで、結婚が決まり婚約指輪をもらうことが決まった際にお返しとしての高級時計をお勧めします。
年齢や好みもあるとは思いますが、オメガやタグホイヤーといった高級時計なんかは若い人にも幅広く人気があるのではないでしょうか。

必要性としては結婚したと同時に家族を支えていく自覚を身に着ける時計で思い出してほしいという気持ちと結婚したころを思い出してほしいという思い、そしていざどうしようもなくなった場合安くはなってしまうものの財産としての価値があるというところでしょうか。

女性は指輪をもらうことで財産を手に入れることができますが一方的にもらうばかりでは不公平が生じます。そこで男性が身に着けていてもおかしくない財産に時計が重宝されるのだと思います。