最近の若い男性たちは腕時計をせずに、時間の確認はもっぱらスマホや携帯を使うようです。また時計を持っていても、衝撃に強い国産時計だったり、ミリタリーウオッチだったりします。

そもそも腕時計は時間を確認するためだけの実用性しか求めてない人がいますが、そうではありません。腕時計もアクセサリーであり、ファッションアイテムです。服や靴に金を買掛けると同様に時計にも気を配る必要があります。

大事な商談などの勝負服のスーツで行くときに、ミリタリーウオッチなどでは全体のスタイルが崩れます。外見は人間の内面の一番外側の皮です。全身コーディネートしても一つ疎かでは軽くみられることにもなります。銀行のローンの営業マンや、車のディーラなど自意識過剰かもしれませんが、商談の際はやはりこちらの外見、装飾品などを見て、人柄、社会的なものを観察しているように思えます。また若い時に行く友人の結婚式や同窓会などでオメガやROLEXの時計をつけていると、ほかの男性と差をつけ、お目当ての女子に良いところを見せれるかもしれません。

なので、大人になったら、高級腕時計の一つも必要だと考えます。たとえ自分にそんなに時計に興味はなくとも、オメガ、ROLEXは誰でも一度は、ブライトリング、IWC、タグホイヤー、グランドセイコーなどは少し詳しい人なら聞いたことはあるはずです。ただ、高級時計でも装飾性の強いもの、たとえば金一色だったり、ダイヤ入りだったり、服飾高級ブランドが出している高級時計などは少し趣が違うので商談などのスーツ姿には合わないかもしれません。

大人の男性を演出するには、高級ブランド時計メーカーの、ステンレスブレスレットのモデルを持っておきたいものです。オメガならシーマスター、スピードマスター。ROLEXならエクスプローラー、エアキング。ブライトリングならクロノマットシリーズがいいでしょう。そして時計に興味が湧き、収入に余裕が出てきたら装飾性の強いもの、まだまだ数多ある高級時計ブランドの中で

自分だけのお気に入りの一品を見つけるのもまた楽しいものです。